銀座ポートレート撮影の舞台裏1 -Zehitomoというサービスを使ってみた

今回幸運にも、ファッションフォトグラファーとして業界内でも名高い、両角章司さんに撮影をしていただくことになりました。一方、私自身はモデル志望でもなんでもない一般人。お互い面識があるわけではなく、撮影一週間前にはじめてお会いしました。しかも、ある意味極めてイマドキな出会い方で(笑)。撮影までの経緯を綴ってみます。

プロに直接仕事を依頼できるZehitomoというサービス

銀座街なかでの撮影という構想は以前からあったのですが、これぞというカメラマンが見つからなかったのですよね。やっとの思いで見つけたインスタグラマー的女性カメラマンは、当面都合がつかず、さて困った…。今回なんとしても梅雨前に撮影を終わらせておきたく、本腰入れて探し始めていたところでした。

Instagramやアメブロで個別に探すほか、カメラマンと被写体を繋ぐマッチング系サービスに登録しているのですが、CREATORS CLICK、フォトマッチ、いずれもベータ版でサービス終了。そんななか偶然見つけたZehitomo(ゼヒトモ)

これ、アカウント登録の段階で結構細かい情報を入れさせられるんですよ…。え、希望日程ありき?予算も入れなきゃいけないの?面倒くさ!(笑)と思いつつ、試しに適当に情報を入れていき…

アカウント登録完了後、わずか数時間で3人のカメラマンより提案が…!なるほど…これまでのマッチング系サービスとは違って、Zehitomoでは依頼者の依頼内容めがけてカメラマン側から提案がくる形なんですね。

両角章司さんのオフィシャルサイト

この提案者のうちの一人が両角章司さん(@shojimorozumi)だったのです。ファッション誌はもちろん、芸能人や著名人(北野武やアラーキーなど難しそうな人まで!)のポートレートも手がけるプロ中のプロ。雑誌のPrecious(プレシャス)風で撮ってもらいたいな〜と思っていたところ、まさにその雑誌の撮影をも経験したカメラマンに出会えるとは思ってもみませんでした。

しかし一方で、ここまでの実績をもつかたが、予算もなければ、「モードっぽく。雑誌風に。」と適当な依頼文、なんならアカウント顔写真も載せていない私になぜ提案いただけたのか…?じつは業界内にいられないほどの悪事を犯して、資金繰りに困っているヤバイ奴なんじゃ…?と一瞬思ったのも事実(笑)。チャットで会話すると、事前打ち合わせに対応してくださるとのこと。期待と疑惑のドキドキ感を抱きながら、両角さんが所有しているというスタジオに向かいました。

銀座ポートレート撮影の舞台裏2 -ファッションフォトグラファー両角章司さんとの出会いに続きます。